長期講座

高校生を対象に、一年間を通じてSDGsをテーマとした講座を複数回開催。SDGsの考え方やその背景、いまなぜ必要とされているかといった全体像の学びから始まり、自分たちに出来ることをディスカッション。さらに、SDGs視点から高校生とファンケルが協働で商品開発などに取り組み、実際に商品として世に出すことまでを体験するなど、複数回講座ならではの展開を毎年検討・実施しています。

2021年度の長期講座一覧

過去に開催した講座はこちらから

「ファンケル神奈川SDGs講座」で
長期講座を実施

「100%植物由来の容器を使用した化粧品のパッケージデザインを共同開発」をテーマに

ファンケル神奈川SDGs講座実行委員会は2021年7月14日(水)から、
横浜市立東高等学校サステイナブル研究部において環境に関する長期講座を開始しました。
本講座は、2021年5月に開始した「ファンケル神奈川SDGs講座」の一環で、計9回の講座を開催しました。
テーマは、「環境にやさしい素材である100%植物由来のプラスチック容器を採用した化粧品のパッケージデザインを共同で開発」とし、
講師はファンケルの従業員が務めます。
パッケージデザインの開発を通じて環境問題を学ぶだけでなく、商品を通じて自ら生活者へ環境に対する意識を高めてもらうための情報発信まで考え、
実行することで、生徒の皆さんと一緒にSDGsの推進も行っていきます。

横浜市立東高等学校サステイナブル研究部

2018年に東高等学校がユネスコスクールの指定を受け、さまざまな取り組みをしていく中で、その核となる生徒を育てるために発足されました。
現在部員は8名で活動し、「地球にちょっといいこと」をモットーに、さまざまな取り組みを行っています。
継続的な取り組みは、計量と分析まで行う学校周辺のごみ拾いや、「古着 de ワクチン」、「ピンクシャツデー」、「バガスプロジェクト」への参加、さらには、さまざまなワークショップを通して勉強を行っています。
活動については、多数のメディアでも取り上げられ、横浜市内でも大変注目を集めている部活動です。

横浜市立東高等学校 ホームページ>
<第9回>

SDGs商品先行発売会 in ファンケル銀座スクエア

開催日
2022年01月16日(日)
開催場所
横浜市立東高等学校 (横浜市鶴見区)
参加人数
サステイナブル研究部 部員6人
講師
株式会社ファンケル
広告宣伝部
岩本浩昭さん

メディアに対してプレゼンテーションを行うという、高校生ではなかなか体験できない経験をしてもらえたと思っています。生徒たちのプレゼンテーションはとても立派で、何度も練習して、何度も話し合って内容を考えてくれたことが良く分かりました。サステイナブル研究部との活動はこれで一区切りですが、この半年で得たことを将来に活かしてもらえたらうれしいです。また、生徒たちの想いが一人でも多くの方に届くことを願っています。

その他の長期講座

TOPに戻る